スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イランへの第1回野球用具送付が完了

 私たちベースボールブリッジでは、活動の柱の1つとなるプロジェクトとして「海外のあまり野球が盛んではない国(以下野球マイナー諸国)の選手たちへの野球用具の送付」に取り組んでいます。その最初の取り組みとして、去る5月7日にイラン・ラシュトへと送付した野球用具のパックが、日本時間の一昨日の夜現地に到着しました。

 今回日本から送付したのは、左投げ用のグラブ2つとボール30球余り(硬式・軟式の両方を含む)。第1回目は「日本から送付した荷物が現地にきちんと着くかどうか」をテストする目的で実施したため、送付物自体は質・量ともにやや抑えめにしています。送付にかかる経費を考慮して船便を用いることとなったため、約2か月という長い時間を要することにはなりましたが、チームとして最も確認したかった事項がクリアになったことは、1つの大きな成果となったということができるでしょう。

 イランは昨今の経済制裁などもあって、非常に政治的には難しい状況にある国ですが、ベースボールブリッジにとっては自身の旗揚げのきっかけにもなった、切っても切れない非常に重要な存在です。時をさかのぼり2011年4月、日本球界への移籍を目指していたイラン代表投手、アミール・カーリグ・サケットの移籍を現代表の田中が支援したことが、後にベースボールブリッジが始動することになったきっかけとなりました。1年4か月もの格闘の末に失敗に終わったその移籍支援プロジェクトの中で、浮き彫りになっていたのが用具不足などをはじめとするイラン球界の劣悪な環境です。それを少しでも日本人の力で改善していこうというのが私たちの出発点であるだけに、最初の送付先としてイランが選ばれたのは当然の成り行きでした。

 私たちが送付した用具の受け取り手となったアミール投手は、日本からの贈り物に非常に感動していました。また意外だったのは、現地への到着を伝える彼のFacebookページへの投稿に、非常に多くのイラン人が即座に反応していたこと。イランの野球関係者たちの私たちに対する期待度の高さを実感するとともに、「彼らの思いを裏切ってはならない、今後はさらに実効性の高い活動として続けていかなければ」という思いを新たにすることになりました。

 用具を実際に現地に送ったという実績と、それを実現するための方法論とを手に入れた今、私たちはこれを1つの足掛かりとしてさらに意欲的に活動に取り組んでいくつもりです。今年度は最低でもあと2回、イランをはじめとする野球マイナー諸国への送付を実施することを計画中。身内で集めた用具のみで済ませた今回とは違い、「第2陣」以降は一般の野球ファンからも幅広く用具を募ることを予定しています。方向性が固まり次第、このブログにおいても告知することになるかと思われますので、その際は是非読者の皆さんにもご理解とご協力を賜りたいと考えています。何卒よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

野球って最高

エキサイトしちゃう
プロフィール

baseball-bridge

Author:baseball-bridge
野球があまり盛んではない国々(野球マイナー諸国)への野球用具の送付や啓発イベントの開催、その他様々なプロジェクトの実施を通じて野球競技の国際的普及とメジャースポーツ化を目指すNPO法人です。現在新メンバーを鋭意募集中です。参加希望の方はrecruit@baseball-bridge.orgまで!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。