スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お詫びとお知らせ

国際野球情報局を
ご覧の皆様にお知らせです。

これまで月額にて
配信しておりました記事を、
この度無料配信へと
切り替えさせて頂く事となりました。
国際野球の魅力を
少しでも多くの皆様へ
お届けしたいと思い、
すべての方が閲覧出来るように
させて頂きたいと思います。

興味を持ち、
月額で購読いただいて
おりました皆様には
このような対応に
なってしまったことを
お詫び申し上げます。
申し訳ございません。


今後の配信ですが、
新たにベースボールブリッジスポナビブログ
にて続けてまいります!
またこれまでに
配信しておりました記事も
お読みいただけるように
なりますので、
気になる記事には
ぜひアクセスください。


今後も変わらぬご愛顧のほど
よろしくお願い致します。


HM
スポンサーサイト

フランス・パリで発生したテロ事件について

 このたび、フランス・パリで発生した大規模テロ事件に対して抗議するとともに、犠牲者の皆様への哀悼とご遺族の方々へのお悔やみを心から申し上げます。

 事件については断片的にしか情報を得ていないため、全容については正直なところまだ把握できていませんが、こうした事件が起きてしまったことをとても悲しく感じています。最後にパリを訪れたのは2007年の春ですが、当時はこのようなことが起きるとはとても想像ができないような場所だったのを覚えています。シャルリー・エブドの一件といい、ここ最近何かとキナ臭かったパリの街ですが、これが最後になることを祈りたいです。

 日本にとってのフランスは貴重な友邦の一つですが、私自身にとってもかの国にかかわる人々は貴重な思い出を残してくれた重要な存在です。2011年11月5日、野球狂の会(現All Nations)が開催した第1回東日本大震災チャリティマッチの後、食事をともにしながらインタビューに応じてくれたフェリックス・ブラウン、フレデリック・アンヴィ、エロア・セクレップのフランス代表3選手には、今でも感謝しています(エロアについては、Facebookの通知で無事が報告されました)。翌2012年にお会いしたディラン・メイユー、メリッサ・メイユー兄妹についても同様です。

 また、フランス代表の絶対的エースであり3月の日欧野球でも欧州代表として来日したオーウェン・オザニックは、私にとってはELBについて同じビジョンを共有している貴重な友人の1人でもあります(私が友人などと言うのはおこがましいかもしれませんが)。オーウェンについては、残念ながら日欧野球当時に直接言葉を交わす機会はありませんでしたが、フランス球界を支えるこうしたプレーヤーたちと交流できたことは、私にとって心から誇るべきことです。だからこそ、彼らにとっての母国の首都がこうしてテロの標的となってしまったことが許せません。

 1人の日本人として、欧州野球ファンとして、いや人間としてこのような惨劇には胸を痛めています。一方でフランス人は、このような事件に対して決して屈しない人々であると信じていますし、彼らがこの惨禍にあっても強く生きていくことを願っています。多民族国家フランスにとって、人々の間で起きる軋轢は悩ましい問題であるとは思いますが、どうかまたパリの街に平穏が訪れますように。今はただそれだけを願っています。

NPO法人国際野球支援団体ベースボールブリッジ
代表 田中亮多

新春のご挨拶を申し上げます

 諸事情によりご挨拶が若干遅れてしまいましたが、新年あけましておめでとうございます。旧年中は大変お世話になりました。2015年も何卒よろしくお願いいたします。

 昨年は私たちベースボールブリッジにとって、良くも悪くもさまざまな出来事を体験することとなった非常に濃い一年間でした。念願であったNPO法人格をついに取得した他、さかのぼって5月には六本木にて現イラン代表監督の色川冬馬さんをゲストに迎え、イラン野球講演会を開催。その後はヨーロッパを新たな支援のターゲットと定め、様々な活動に着手してまいりました。この間には数多くの出会いと別れがありました。中でも最大級の物の1つと言えるのが、12月に入って実現したファン・カルロス・インファンテ及びエリック・エピファーノ両イタリア代表内野手とのコンタクトでしょう。代表である私自身、まさか彼らと直接やり取りをするようになるとは夢にも思いませんでした。

 昨年のうちに引き受けることとなった両名への日本球界移籍支援は、引き続き本年も継続する予定です。またこの両名だけでなく、ヨーロッパ球界でプレーしている他の複数の選手からも、既に移籍支援の要請が届いています。その中には、インファンテやエピファーノと同じく昨年9月のヨーロッパ選手権(@ドイツ・チェコ)に出場し、自らの出身国の代表チームで不動の主砲を務めた選手もいます。こうした選手たちから支援を求められるのは、弊団体としても大変光栄なことであるのは言うまでもありません。現時点では、既にクライアントとなっているインファンテ及びエピファーノに対するサポートを優先する予定ではありますが、今季からはエージェンシーとしての事業展開にも力を入れていく予定であるため、彼らに対して最大限力になりたいと考えている所存です。

 この事業の強化策の一環として昨年末、欧州諸国やオーストラリア、南アフリカなどに本拠を置く球団と、そこでのプレーを希望する選手たちとを結びつけるソーシャルプラットフォーム「International Baseball Community(http://www.baseballjobsoverseas.com/internationalbaseballcommunity/)」のデビッド・バーンズ代表(カナダ出身)と、今後IBC及びベースボールブリッジ両者の協働を進めていくための協定を締結することで合意しました。協定については既にたたき台となる素案の作成を開始しており、本年度中に締結できるようめどをつけたいと考えております。

 もちろん、それ以外の活動にもより一層力を入れていく予定です。現在ベースボールブリッジでは、JICA野球隊員の皆様が指導を展開されているモルディブへの用具寄付支援を進めており、こちらも本年度中には現地に支援物資を送付したいと考えております。また昨年の大みそかにはこれと相前後する形で、山口防府ベースボールクラブ様(http://yhbbc.com/)よりユニフォーム類のご寄付を頂戴しました。寄贈いただいた品々につきましては、世界的な野球競技発展のため大切に使用させて頂きます。こうした物的支援をはじめ、旧年中様々な形で弊団体に対してサポートを頂いた事に関しまして、この場を借りて改めて会員を代表して御礼申し上げます。

 NPO法人という立場で初めて元旦を迎える年となったこの2015年は、もちろん私たちベースボールブリッジ自身にとっても重要な年ではありますが、国際野球界全体にとってもとても大きな意味を持つ年であると個人的には考えています。本年は世界のトップ12の国が集う新たな国際大会、プレミア12の第1回大会開催年にあたります。世界野球・ソフトボール連盟(WBSC)によって再編された新たな国際大会の開催カレンダー、その1つの象徴とも言えるのが日台共催も噂されるこのプレミア12であり、球界全体として大いに盛り上げたいところです。

 また、野球とソフトボールが復帰を目指す第2次東京五輪までは後5年となりました。メディアにおける報道では、野球とソフトボールが東京で開催競技に復帰するのは当然とも受け取れる論調がありますが、まだ国際オリンピック委員会(IOC)が正式に決定しているわけではない以上、最後の一押しが必要になるのは間違いありません。もちろん、東京五輪限定の「打ち上げ花火」で終わらせないためにも、2020年以降も永続するムーブメントを形成していくことは何より重要です。その旗頭として、開催国である我が国が主導的な役割を果たさなければならないのは言うまでもないことでしょう。

 この五輪復帰に向けた動きとして、今年3月に日本代表(侍ジャパン)が欧州選抜との親善試合を行う予定であるというニュースが、読売新聞よりつい最近報じられました。こうした新しいムーブメントが社会の中でどんどん起きている中で、NPOという公に資する使命を帯びる組織となった私たちが何をできるかは、とても大きな意味を持っていると私は考えています。本来、国際的な野球発展のための支援活動は勝負事ではないのですが、今年に私たちがどれだけの成果を社会の中で残せるかは、ある意味では一つの勝負とも言えると感じているところです。

 今年、NPO法人国際野球支援団体ベースボールブリッジは様々な意味で大きな飛躍を期しています。2012年9月の設立からまだ30か月に満たない若い組織ではありますが、今年はクルー全体の規模を広げて各種プロジェクトの実行力を高め、組織ガバナンスの面においても成熟を深めていくことはもちろん、「より前に進む」「より高く飛ぶ」という若さゆえの熱さも忘れることなく、「野球をつなぐ、野球でつなぐ。」を合言葉にあらゆる活動に取り組んでまいります。末尾にはなりますが、今この地球上に暮らしている人々はもちろん、これから生まれてくるであろう全ての人々にとっても、この2015年が素晴らしい年になりますよう心からお祈り申し上げます。

NPO法人国際野球支援団体ベースボールブリッジ代表
田中亮多

福島県金山町での現地視察を実施しました

 国際野球支援団体ベースボールブリッジではこのたび、近い将来における新拠点建設を予定している福島県金山町における現地視察を、去る今月18日から21日にかけて実施しました。

 代表の田中と第2副代表兼Web担当の板垣が参加した今回の視察では、まず板垣が18日から前乗りで金山入り。翌日の19日に、大塩地区にある野球場や温泉などを見て回りました。田中は19日夜に金山に到着し、越川地区にある斉藤勇一元町長宅にて板垣と合流。翌20日には、2名で金山町役場への訪問及び現地での空き家物件の見学を行いました。役場の栗城真一氏にご案内いただいた物件は計4か所。その中には、拠点として大いに活用できうる非常に有力かつ魅力的なものもあり、今後建物の賃貸ないしは将来的な購入に向けての所有者との具体的な交渉にも入る予定です。

 今回の訪問は、自分たちが生活してきた都会とは大きく異なる生活環境を肌で感じる非常にいい機会となりました。とはいえ、その全てが必ずしもポジティブなものというわけではありません。現地までのアクセス1つを取っても、田中は会津若松を経由する形で高速バスとJR只見線を使用し、片道約7時間。板垣は原動機付き自転車を使用し片道約12時間と、非常にタフな旅程を強いられました。現地到着後も地区をまたがって徒歩で移動することの困難さや、東北ならではの夜間の厳しい寒さを体感することとなりました。

 また、20日に2人で(板垣は19日から宿泊)利用させていただいた農家民泊「もどき家」さんでは、新潟県境に接するという事故現場からは非常に離れた位置にあってなお、東京電力福島第1原発事故が残した傷跡に今も苦しんでいるという実態を伝えられました(もちろん、金山町でも農作物のモニタリングは厳重に行われていること、また放射線による生活環境の悪化や健康被害などは参加者が目にした限りにおいても、また新聞紙上の報道などにおいても全く見られなかったことをこの場を借りてご報告させていただきます)。福島県の地方紙である福島民報においては、3.11から3年半経った今も原発に関連する話題が大きく取り上げられており、東北では今も厳しい現実との格闘が続いているのだと実感させられました。

 一方で、現地の人々が若い力を喉から手が出るほど欲しがっていることもまた事実です。視察の折は役場の方々はもちろん、空き物件の所有者など現地の人々とも実際に言葉を交わす機会がありましたが、皆一様に「(金山は)とにかく年寄りばかりだから、若い人たちにどんどん来てもらって活性化してもらいたい」と口にされていました。ベースボールブリッジの金山拠点では、活動における重要な柱である「野球マイナー諸国からの選手や指導者の受け入れ」「ベースボールブリッジ・マーベリックス硬式チームの立ち上げと運営」「団体公式グッズの製作」等に取り組んでいく予定ですが、こうした活動を通じて現地での地域おこしに一役買うことができれば、我々としても大きな意義があることは間違いありません。

 我々ベースボールブリッジの活動目的は、もちろん野球の国際的メジャースポーツへの仲間入りを支援することですが、その目的達成のために世界に出ていくうえではまず足元の土台をしっかりと固めなければなりません。その土台を固めるための様々な作業の中には、当然ながら活動拠点を展開する地域との連携強化も含まれます。金山拠点完成の後には、移住者としての立場から地域コミュニティの活性化にも大きく貢献し、現地との良好な関係を構築できるよう鋭意努力していく所存です。

 今後は視察の結果得られた情報をもとに、必要な予算や人員、現地でのメンバーの生活設計、計画の具体的な着手・完了時期などを定めたアクションプランを策定し、月例MTGなどの場でブラッシュアップを図るとともに実行に移していく予定です。この度の訪問で得られた成果を無駄にせず、今後に向けてしっかりと活用できるようにしていきたいと思います。末尾にはなりますが、今回の視察において特にお世話になった金山町役場の皆さん、農家民泊「もどき家」のご主人である坂本利幸氏、田中の19日夜の宿泊をお世話頂いた斉藤勇一元町長とそのご子息である恭範氏をはじめ、ご協力いただいた全ての皆様にこの場を借りて心から御礼申し上げます。これからも、ベースボールブリッジに対する変わらぬご支援のほど、何卒よろしくお願いいたします。

福島県金山町での現地視察を実施します

 国際野球支援団体ベースボールブリッジでは、将来的に予定している団体の新たな活動拠点の建設に向けて、このたび来る10月19日から21日まで福島県金山町を訪問し、現地にて施設等の視察を実施することになりました。

 今回の視察には、代表の田中とWeb担当の板垣の2名が参加する予定です。現地では団体事務所の開設候補地となる小中学校跡地や、メンバーの居住先としての利用について検討を進めている集落、また将来的に立ち上げる硬式クラブチームの本拠地として利用することになる野球場など、活動を展開するための各種施設の現状がどのようになっているのかを実際に自分たちの目で見て回ります。また修復や整備が仮に必要である場合には、どの程度の人員や資金を投入することが求められるのかについてもチェックを行うことになります。

 滞在中はこれに加え、金山町役場を訪問し職員の方々と現地における様々な課題について意見交換し、具体的にどのように計画を進めていくかについてお互いの理解や認識を共有する場とできればと考えています。団体としては今回の視察の結果を踏まえ、現地で展開する事業はもちろん必要な人員や予算、計画の着手時期や現地で解決すべき課題などを盛り込んだアクションプランを策定し、計画の実行につなげていく予定です。また遅ればせにはなりますが、金山町で先般実施された町長選挙において、長谷川盛雄様の当選と新町長への就任が決まったことにつきましては、この場を借りてメンバー一同心からお祝い申し上げます。

 今回の金山町への訪問は、これまでメンバーが将来的な構想として話し合ってきたアイデアを具現化するための、非常に重要な第一歩となります。団体設立当初から活動内容の1つとして定めてきた、「海外からの選手や指導者等の受け入れ」を安定的かつ永続的に実施していくためには、外部の組織ばかりに依存することなく自ら人材を受け入れることができる環境を整備することが必要不可欠です。そのためにも、この金山における活動は何としても成功させねばなりません。この訪問を少しでも実りあるものとできるよう、限られた時間ではありますが最大限有効に活用したいと思います。

 なお団体の人事に関してですが、旧メンバーの活動からの離脱に伴い空位となっていた第2副代表に、新たに板垣が就任することが去る今月11日のプロジェクトミーティングにおいて決定したこと、8月以降2名の新規会員が誕生したことについても併せてこの場を借りてご報告させていただきます。新メンバーの募集は今後も継続的に実施していく予定です。活動についてのお問い合わせはinfo@baseball-bridge.org、新規参加希望のご連絡はrecruit@baseball-bridge.orgまでお気軽にどうぞ。ご連絡お待ちしております。
プロフィール

baseball-bridge

Author:baseball-bridge
野球があまり盛んではない国々(野球マイナー諸国)への野球用具の送付や啓発イベントの開催、その他様々なプロジェクトの実施を通じて野球競技の国際的普及とメジャースポーツ化を目指すNPO法人です。現在新メンバーを鋭意募集中です。参加希望の方はrecruit@baseball-bridge.orgまで!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。