スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近の進捗について

 気がつけば、ずいぶん久々の投稿となってしまいました。読者の皆さんはいかがお過ごしでしょうか?ここのところプロジェクトがらみで大変忙しく、ブログ記事を執筆する時間が全くと言っていいほどなくなってしまっていました。2ヶ月近くも更新を放置してしまったこと、またそれによってご心配をお掛けしてしまったこと、大変申し訳ないです。今回は、ここ最近のベースボールブリッジでの活動内容などについていくつかご報告したいと思います。

(1)イラン代表監督候補者、現地で活動中
 以前このブログやFacebookでもお知らせした、イラン代表の監督募集に関する案件ですが、今月10日から候補者1名(日米をはじめとする4カ国でプロ経験を持つ方です)が既にイラン・ラシュト入りし、現地の球界関係者たちと行動を共にしています。予定では12月上旬頃まで現地に滞在する予定となっており、滞在中にはイラン野球連盟側とのセッションにも臨むことになります。仮に就任することが決まった場合は、来月下旬から予定されている南アジア選手権(@パキスタン)に向けた準備が始まります。また、残念ながら今回の就任が叶わなかった場合にも、イラン国内の3都市で野球教室を行う他、現地メディア向けの記者会見も行う予定だということです。

 ただ、現地に着いてからの行動予定が当初計画していたそれから頻繁に変更されており、南アジア選手権自体も当初開幕予定だった11月20日から遅れる見込みだとか。予定では13日に顔合わせを行った後、18日頃までには連盟からの返事が来ることになっていましたが、今のところ採用の如何についての情報はベースボールブリッジ側ではまだつかめていません。情報が届き次第、また改めてこの場を借りてお伝えさせていただければと思います。

(2)NPO法人格取得申請を実施
 2012年9月8日の結成以降、私たちが目標としてきたものの1つがNPO法人格の取得でした。これまでは、あくまでも任意団体として活動を継続してきましたが、そこから更に組織としてもう一段上のレベルを目指すべく、昨日ついに千葉県庁に対してNPO法人格認証の届出を行いました。

 法人格を取得することには、任意団体の時には代表が個人名義で行わなければならなかった行為(銀行口座の開設、不動産の契約など)が、法律上団体名義でできるようになるという効果があります。今回の認証申請では、NPO法人の設立や運営に関する規則である特定非営利活動促進法が、昨年4月に改正されたことに伴って定款の文言が一部変更されたことから、古い規則に従って作成していたベースボールブリッジの定款にも修正を施す必要性が指摘されました。そのため、残念ながら昨日の段階では受理とはならなかったものの、修正点のほとんどが軽微なものであり近いうちに再提出することが可能であると思われます。

 千葉県の条例では、NPO法人の認証を行うか否かの決定は3か月以内に行わなければならないと定められています。担当者の話では、例えば今月25日までに再提出できればそこから2か月後の12月25日まで、県庁及びそのウェブサイト上で公開の審査が行われ(定款その他の提出書類が閲覧できるようになる)、その後年明けを経て1月中には認証・不認証いずれかの決定が下るだろうとのことでした。こちらもなにかまた進捗があり次第、詳しくお伝えしたいと思います。

(3)マーベリックス始動に備えメンバーで自主練を開始
 ベースボールブリッジを母体として運営される予定の野球チーム「ベースボールブリッジ・マーベリックス」。将来的には、日本球界入りを目指す野球マイナー諸国の若手選手たちを集め、プロ入りの為に切磋琢磨させる場としての硬式チームを設置する計画ですが、まずは団体の活動のPRやメンバー同士のより深い交流を実現し、また支援活動を行う上で重要な「選手としての目線」を養うため、メンバー自身が選手として参加する軟式チームからスタートさせることを予定しています。

 その軟式チームの指導に備えて、9月から一部のメンバー同士で自主的に練習を開始しました。まだ正式なグラウンドを使っての練習ではないため、こなせるメニューはキャッチボールやピッチング練習、あるいは簡単なノックなど限定的なレベルにとどまってはいますが、複数のメンバーで練習するのが久しぶりということもあって、お互いに楽しみながらこなしています。過去2回は、先月21日の理事会と今月19日のMTG(いずれも午前中に開催)の後に実施してきましたが、今後は可能であればMTG実施日以外にも野球チームでの活動予定を増やし、参加できるメンバーがより積極的に関われるような形を作っていく予定です。

 また、マーベリックスでは引き続きベースボールブリッジ会員以外からの選手の募集も行っています。首都圏・南関東エリア(東京・千葉・埼玉・神奈川など)で草野球チームをお探しの方、もしよろしければ私たちと一緒にやりませんか?特に、バッテリーと遊撃手が現時点では重要な補強ポイントとなっています。今回はあくまでも草野球チームの選手としての募集であるため、ベースボールブリッジ本体の活動への参加は任意で構いません(草野球のみの参加でも大歓迎です)。またチームの一員としての協調性がある方、楽しみながらも真剣に草野球をやりたい方であれば、プレーのレベルや性別、年齢なども一切不問です。興味をお持ちの方は、recruit@baseball-bridge.orgまでご一報ください。ご連絡お待ちしております。
スポンサーサイト

テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

「マーベリックス・プロジェクト」いよいよ始動!!

 ベースボールブリッジではこのたび、活動の一環として団体傘下の草野球チーム「ベースボールブリッジ・マーベリックス(以下マーベリックス)」を立ち上げることになりました。

 今回のマーベリックス立ち上げは、「本体」となるベースボールブリッジのPRはもちろん、国際的に野球を支援する活動を行う上で必要な「プレーヤーとしての目線」を各自が養うことなども目的としています。私たちのような「グラウンドの外側」を主戦場とするスポーツ系団体は、その立ち位置故に「現場」の感覚を忘れてしまう危険性があります。その「プレーヤーとしての視点」を欠いた中でいくら支援活動を実施しても、結局は主役たる選手たちのためにはならなくなってしまうのではないでしょうか。そうした事態を避け、「プレーヤーズファースト」というポリシーを貫徹する意味でも、このチームが持つ意味は非常に大きなものとなりそうです。

 もちろん、草野球チームとしてのメンバー同士の交流やリフレッシュも、このチームが果たすべき重要な役割となります。同じグラウンドで一緒に汗を流す事を通じて、よりお互いを理解し合う。会議室では分からない、それぞれの「素」の一面に触れる。そこで得られたものは、今後の活動の中でも様々な場面で大いに生かされていくのではないでしょうか。普段はお互いの仕事の関係上、ウェブというサイバー空間での付き合いを余儀なくされているからこそ、こういった「アナログな付き合い」のできる場所は大切にしたいと考えています。

 このチームは短期的なプロジェクトではなく、長期的に育てていく予定です。既に活動の方向性も固まっており、平成28年度中には野球マイナー諸国向けの送付用用具収集を目的とした、自前の新しい大会の運営を行えるようにしたいと考えています。それまでは練習や既存の大会への参加などを行い、チームとしての経験値をどんどん積んでいければと考えています。また、今回実際にチームとして活動を開始するのは軟式チームですが、将来的には硬式チームも立ち上げ、マイナー各国の代表やその予備軍クラスの選手たちが、日本プロ野球入りを目指して切磋琢磨するような場としたいと考えています。

 ところで、現在のベースボールブリッジには合計で18名の会員がいますが、住んでいる地域もバラバラ(海外に居住している会員もいますしね)ですし、既存のMTGにも全員が常に参加できているわけでは残念ながらありません。マーベリックス軟式チームは、ベースボールブリッジの会員が重要な構成要素であることはもちろんですが、それだけではチームとして活動を継続していくことは大変困難です。そこでベースボールブリッジではマーベリックス立ち上げにあたり、選手としてチームに参加してくださる方を募集します。首都圏在住で草野球始めたい方、是非私たちの仲間になりませんか?募集要項は以下の通りです。

年齢:不問
性別:不問
経験:不問
活動地域:首都圏近郊(主に東京、千葉、神奈川)
活動予定:祝休日
こんな方を探しています
・野球が好きな方
・規律を持って、同じチームの一員として活動できる協調性のある方
チームのスタンス:楽しくやる時は楽しく、ただし試合は真剣に
その他
(1)ベースボールブリッジ会員以外のメンバーは、全員がベースボールブリッジの「外部協力者」扱いとなります(定款上は会員扱いではないため、ベースボールブリッジ会員としての会費支払いは不要です)。
(2)野球チームの一員として活動する中でも、「どういった経緯で自分のチームが結成されたのか」に関しては、頭の片隅に入れておいていただければありがたいです。

 今回の募集はあくまでも草野球チームの選手募集であるため、国際野球関連の知識や興味関心は一切不問です。また、正会員としてベースボールブリッジの活動に参加することを前提にした募集ではありません。野球チームだけの参加であってもOKです(もちろん、ベースボールブリッジとマーベリックス両方に参加してくださる方も大歓迎です)。ご興味をお持ちの方は、recruit@baseball-bridge.orgまでご一報ください(その際、マーベリックスへの参加についての問い合わせである旨を、必ずタイトルまたはメール本文に明記頂くようお願いします)。ご連絡お待ちしております。

テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

国際野球支援団体ベースボールブリッジとは?

私たちベースボールブリッジは、2012年9月の結成以降様々な活動に身を投じてきました。しかし、既に私たちの公式ウェブサイトやTwitterアカウントなどを目にしたことがあるという方はともかく、このブログで初めて私たちについて知ったという方は、「ベースボールブリッジとはどんな団体なのか」ということについて、全く見当もつかないかもしれません。そこで今回はこの場を借りて、私たちがどのような活動に取り組んでいる団体であり、一体何を目指しているのかということについて、ご紹介させていただければと思います。

 国際野球支援団体ベースボールブリッジ(英名:International Baseball Supporters Crew "Baseball Bridge")は、2012年9月8日に設立された「スポーツとしてまだあまり盛んでない国や地域(以下野球マイナー諸国)の野球発展を支援し、野球を国際的メジャースポーツの1つとする」ことを目指して活動している任意団体です。現在首都圏に本部、関西に支部を置いている他、国内では北海道、中部、四国の各地方、海外ではイランとアルゼンチンにも会員がいます。当初は5人でスタートしましたが、現在は正会員として17名(2013年7月15日現在)のメンバーが在籍し、13名の外部協力者(監事1名を含む)とともに多様な活動に取り組んでいます。その活動の一部を以下にご紹介します。

(1)日本国内における野球用具の収集と海外への送付
 日本国内において使われていない野球用具を集め、洗浄や修復を施したうえで野球マイナー諸国に送付します。イラン・ラシュト宛に行った第1回目のテスト送付は既に完了済みであり、今月上旬に無事届いたことはこのブログでもお知らせしている通りです。最初の送付はあくまでも試験目的であったため、送付物はグラブとボールのみに留めていますが、今後はバット・スパイク・捕手用防具など幅広く収集・送付を行い、また送付先もイラン以外の国々にも拡大していく予定です。

(2)国際的な野球普及・発展の啓発を目的とするイベントの実施
 日本やアメリカといった野球先進国以外の地域における野球の現状や、その普及・発展について啓発する目的で、様々なイベントを開催します。今年2月17日には、フランス2部リーグのシャトーレ・フレンチカブスで選手兼任監督を務める池永大輔さんをお招きし、その最初の催しとなる「ヨーロッパ野球トークライブ2013」を東京・茅場町にて開催しました。今後も同様のトークラブを実施するほか、2014年初頭には野球写真展への開催協力を予定しています。また将来的な計画として、選手・解説者・ファン・連盟関係者・メーカー・団体職員などあらゆる立場で野球に関わる人々が一堂に会し、野球というスポーツの将来について考える「国際野球シンポジウム」の開催なども検討しています。

(3)国際野球情勢に関する情報発信
公式ウェブサイトやTwitterアカウントを通じて、現在の国際的な野球情勢についての紹介を行っています。現在、ヨーロッパ・オセアニア・南米の各国が登録されています。またそれとは別に、Twitterにおいては毎日昼12時頃に「今日は何の日」と題して、野球の歴史上でその日に過去どんなことがあったのかを紹介するという取り組みも行っています。

(4)独自のクラブチームの設立と運営
 ベースボールブリッジについてのPRや他チームについての情報収集、メンバー間の交流やリフレッシュなどを目的に、軟式の草野球チームを設立しその運営を行います。草野球界ならではのネットワークを通じて、ベースボールブリッジとしての取り組みを国内に広めていくほか、メンバー自身がプレーヤーとしての視点を持つ場を作ることで、自身の国際的な支援活動に「現場の経験値」を反映させていきます。将来的には自ら新たな草野球大会を企画・運営していく他、各国の国家代表やそれに準ずるクラスの選手たちが、日本球界を目指すための受け皿としての硬式部門も設置する予定です。硬式チームに関しては専門の指導者を外部から招く他、日本野球連盟に登録し都市対抗や全日本クラブ選手権などへの出場を目指します。

(5)チーム公式グッズの販売
 チームの活動を継続していくうえでの重要な資金源として、公式グッズの製造と販売を行います。初年度はTシャツの製造と販売を予定していますのでご期待ください(デザインや値段、発売時期などは未定)。グッズのレパートリーに関しては順次追加していく予定です。

(6)国際野球関連商品の輸入代行
 ベースボールブリッジ自身のグッズの販売とは別に、活動資金の獲得と日本国内における国際野球への認知度向上を目的に、海外の野球に関連した商品の輸入代行を実施します。最初に取り扱う商品としては、オランダ1部リーグに所属するL&Dアムステルダム・パイレーツのTシャツ及びポロシャツを予定しています。なお、最初の輸入代行は一般向けの希望者募集は行わず、テストも兼ねて身内のみで実施する予定ですが、継続的に行うかどうかはまだ検討中です。

 以上は現時点ですでに取り組んでいる活動ですが、将来的に新たに取り組む予定であったり着手を検討していたりするプロジェクトについては、下記に列挙する通りです。

・マイナー国出身選手の国際移籍支援
・各国の野球連盟などと組んでの普及プロジェクトの実施
・野球マイナー諸国への野球関連企業(メーカーなど)の誘致
専門のYoutubeチャンネルにおける動画配信


 また、上述の活動をさらに社会的に価値の高いものとしていくために、現在NPO法人格の取得を予定しています。取得申請に関しては近日中に行う予定です。

テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

プロフィール

baseball-bridge

Author:baseball-bridge
野球があまり盛んではない国々(野球マイナー諸国)への野球用具の送付や啓発イベントの開催、その他様々なプロジェクトの実施を通じて野球競技の国際的普及とメジャースポーツ化を目指すNPO法人です。現在新メンバーを鋭意募集中です。参加希望の方はrecruit@baseball-bridge.orgまで!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。