スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現役代表選手に対する移籍支援を実施します

 NPO法人国際野球支援団体ベースボールブリッジでは、2015-16シーズンオフにおいて下記3選手に対する日本国内球団への移籍支援活動を実施することとなりましたので、お知らせいたします。

(1)ダニエル・サンチェス(Daniel Enrique Sanchez Reyes)
生年月日: 1988年11月14日(28歳)
身長: 165cm 体重: 65kg
出身: ベネズエラ・ボリバル共和国スリア州マラカイボ市
国籍: スペイン/ベネズエラ(二重国籍)
投打: 右投右打
守備: 内野手(二塁、遊撃)
所属: ゾーリンゲン・アリゲーターズ(ドイツ)
2015年度成績(22試合): 打率.405、出塁率.515、長打率.585、6二塁打、1三塁打、2本塁打、21打点、8盗塁、3失策、守備率.961
代表歴: スペイン(2007年IBAFワールドカップ台湾大会、2008年北京五輪世界最終予選、2009年IBAF ワールドカップ欧州大会、2014年欧州選手権チェコ・ドイツ大会)

選手紹介
軽快かつ堅牢なディフェンスを武器に、欧州や世界レベルの国際大会で最優秀守備選手賞を総なめにしてきた、欧州球界屈指の守備職人。打席では安定感と確実性、勝負強さも取り柄とする。

ダニエル・サンチェス

(2)ファン・マルティン(Juan Francisco Martin)
生年月日: 1990年5月12日(25歳)
身長: 183cm 体重: 91kg
出身: アルゼンチン共和国ブエノスアイレス自治市
国籍: アルゼンチン
投打: 右投右打
守備: 捕手、内野手(一塁)、外野手(左翼)
所属: マンハイム・トルネードス(ドイツ)
2015年度成績(28試合): 打率.375、出塁率.402、長打率.475、7二塁打、1三塁打、1本塁打、23打点、1盗塁、2失策、守備率.992
代表歴: アルゼンチン(2011年南米選手権アルゼンチン大会、2012年南米選手権エクアドル大会、2013年南米選手権チリ大会、2015年南米選手権ブラジル大会)

選手紹介
2012年よりアルゼンチン代表の主将に就任し、チームを3度の南米王者に導いた強打の捕手。今季は打率.375の活躍でブンデスリーガのオールスターにも出場を果たし、名実ともにドイツ球界を代表する捕手の1人となった。

ファン・マルティン

(3)マニー・ヘルナンデス(Manny Alfredo Hernandez)
生年月日: 1992年4月19日(23歳)
身長: 189cm 体重: 86kg
出身: グアテマラ共和国グアテマラ県グアテマラシティ市
国籍: グアテマラ
投打: 右投右打
守備: 内野手(三塁)、外野手(中堅)
所属: フリーエージェント(元ボルティモア・オリオールズ傘下)

選手紹介
強肩強打を売りとする、オリオールズの元プロスペクト(若手有望株)。オリオールズ退団後はメキシコで腕を磨き、2014年に参加した同国のチワワ独立リーグでは、僅か180打席で16本塁打を放つ活躍を見せた。グアテマラ野球連盟の肝いりにより支援実施が決定。

マニー・ヘルナンデス

 マルティンはレイズ、ヘルナンデスはオリオールズの傘下でプレーした経験があり、その後欧州と中南米で腕を磨きました。サンチェスはベネズエラ生まれながら欧州で名をあげ、今やドイツやスペインはもとよりヨーロッパ全体でも最強クラスのセカンドに成長。本人は昨オフの段階からベースボールブリッジにコンタクトしており、満を持しての日本挑戦となります。

 今回の3名には、来年2月13日にロッテ浦和球場にて開催予定の、ルートインBCリーグのトライアウト受験を目指してもらうことになります。今後、来日に必要な渡航資金及び滞在費の調達に全力を挙げていくことになりますが、非常に高額なコスト(3名合わせて50万円の出費を見込んでいます)がかかるため残念ながらベースボールブリッジ単体ではねん出が不可能な状況です。そのため、弊団体では皆様からの寄付をお願いしております。少額でも構いませんので、なにとぞご理解ご協力のほどよろしくお願いいたします。振込先口座は下記の通りとなります。

三井住友銀行市川支店 店番700 普237745 「NPO法人国際野球支援団体ベースボールブリッジ」

※各種お問い合わせはinfo@baseballーbridge.orgまでお願いいたします。

 なお、その資金協力の第一弾として、当団体会員の中西弘一が所属する大阪市の草野球チーム「STRANGERs(代表: 佐々木将司様)」「アルフォート(代表: 高島大輔様)」の2チームより、それぞれ一口(1万円)ずつのご寄付を本日(12/27)頂戴いたしました。両軍の代表者様及びチーム関係者の皆様には、この場を借りて会を代表し厚く御礼申し上げます。提供いただいた資金は、選手渡航費、滞在費及びその他各種必要経費の一部として有効に活用させていただきます。

 本プロジェクトの目的は、「新たなステージでの挑戦を望む者に、そのチャンスを提供すること」です。実際に彼らが合格し契約まで至るか否かは我々にはコントロールできませんが、仮に結果がホームランにせよ三振にせよ、まず打席に立たせてやりたいというのが会員一同共通の思いです。今後ともベースボールブリッジへの温かいご支援のほど、何卒よろしくお願いいたします。

NPO法人国際野球支援団体ベースボールブリッジ
代表 田中亮多
スポンサーサイト

イタリア代表選手への移籍支援の実施について

 NPO法人国際野球支援団体ベースボールブリッジでは、ともに2014年ヨーロッパ選手権イタリア代表のファン・カルロス・インファンテ(33、UGFフォルティチュード・ボローニャ1953)、エリック・エピファーノ(24、トマッシン・パドーヴァ)両内野手に対する日本球界への移籍支援に着手することを、横浜市のかながわ県民センターにおいて13日に開催された定例MTGにて決議しましたのでお知らせいたします。

 今回の両選手絡みの案件については、元々エピファーノ側から日本行きのサポートを要請され受諾していましたが、彼とユーロにて三遊間を組んだ間柄であるインファンテからも、それに少し遅れる形で今月10日に同様の要請を受けていました。インファンテについては、10日にTwitter上で「西武ライオンズに入団する」との怪情報が流れていたことなどもあり、両選手に対して並行的な支援を実施することの可否をここ数日間精査・検討していたところです。12日夜の時点で、インファンテへの支援実施は代表・副代表レベルでは既に仮決定に至っていましたが、団体としての正式な決裁は13日のMTGの場において改めて行うこととしていました。

 両選手に対する支援の内容ですが、第一段階として両名から送付された選手プロフィールを元に、その日本語版を作成。これを独立リーグの球団にPRし、獲得に興味があるかどうか確認します。前向きな返事が得られた場合は、その旨を両名に通知したうえで第二段階へ。実際の入団またはトライアウト受験に備え、来日時の滞在先や航空券の手配、また来日時の案内など具体的な渡航準備に着手することになります。また、万が一日本でのプレーが叶わなかった場合は、両名とも現在のイタリアにおける所属チームであるボローニャとパドーヴァで、来季のIBL(イタリアンベースボールリーグ)の開幕を迎える方向です。なお、両名の略歴は下記の通りです。

1)ファン・カルロス・インファンテ(Juan Carlos Infante)
Juan+Carlos+Infante+UGF+Bologna+v+Cariparma+fWoU-36rebol.jpg
1981年10月8日 ベネズエラ・ボリバル共和国首都地区カラカス生まれ(33歳)
身長5フィート10インチ(177cm) 体重170ポンド(77kg)
ポジション:内野手(遊撃、三塁、二塁) 右投両打
球歴:モントリオール・エクスポズ傘下(1999~2000)、フォートワース・キャッツ(2001)、ニュージャージー・ジャッカルズ(2004)、オレル・アンジオ(2006)、オタワ・ラピッズ(2008)、エドモントン・クラッカーキャッツ(同)、UGFフォルティチュード・ボローニャ1953(2009~)
国籍:ベネズエラ、イタリア(二重国籍)
代表歴:イタリア(2013年WBC、2008年、2010年、2012年、2014年ヨーロッパ選手権、2011年IBAFワールドカップ)

2013年まで(計11シーズン)の通算成績
448試合出場 1795打席 1527打数 427安打 打率.280 出塁率.376 長打率.386 OPS.762 18本塁打 178打点 83二塁打 13三塁打 287得点 87盗塁 27盗塁死 204四球 220三振 590塁打 17併殺 36死球

2)エリック・エピファーノ(Erick Epifano)
g_gui0001_520_360.jpg
1990年3月31日 ベネズエラ・ボリバル共和国ララ州バルキシメト生まれ(24歳)
身長6フィート1インチ(186cm) 体重160ポンド(72kg)
ポジション:内野手(二塁、三塁、遊撃) 右投右打
球歴:アトランタ・ブレーブス傘下(2008~09)、タンパベイ・レイズ傘下(2010~11)、ディ・エンジェリス・ゴード・ナイツ(2012)、ASDレッジョ・エミリア(2013)、トマッシン・パドーヴァ(2014~)
国籍:ベネズエラ、イタリア(二重国籍)
代表歴:イタリア(2014年ヨーロッパ選手権)

マイナー時代(計4シーズン)の通算成績
131試合出場 485打席 419打数 119安打 打率.284 出塁率.368 長打率.339 OPS.707 0本塁打 44打点 17二塁打 3三塁打 69得点 11盗塁 5盗塁死 53四球 55三振 142塁打 13併殺 3死球

 今回のような現役選手に対する移籍支援は、当団体の発足前に代表の田中がイラン代表のアミール・カーリグ・サケット投手に対し実施していたことはありましたが、2012年9月にベースボールブリッジが旗揚げされてからは初めてのこと。奇しくも、NPO法人格取得後に取り組む最初のビッグプロジェクトにもなりました。今回サポートを行う両名のうち、インファンテはイタリア代表における不動の切り込み隊長であり、2013年には第3回WBCにも出場。今年は欧州最高峰リーグであるIBLで遊撃手としてゴールドグラブ賞にも輝いた、イタリアは元より欧州球界きっての大物です。このプロジェクトを成功させることができれば、今後当団体がヨーロッパ球界において決して小さくない影響力を持てるようになり、それが事業全体に非常にポジティブな効果をもたらす事も夢ではありません。

 とはいえ、既に12月も半ばであり残された時間には余裕がないことも事実。これからこのプロジェクトの成功に向け、メンバー一同それぞれの持ち場で最善を尽くしていく所存です。日本と欧州双方の球界にとっての懸け橋として、国際化を急速に推進している野球界の発展に大きく貢献していくことができるよう、限られた時間ではありますが最大限有効に活用していきたいと思います。インファンテの場合は年齢的にも、このオフでの移籍が事実上ラストチャンス。来年彼らが日本でプレーする姿を見ることは、我々にとっても是非叶えたい夢です。これからもベースボールブリッジに対する変わらぬご支援のほど、何卒よろしくお願いいたします。

イラン野球ユース代表監督に日本人指導者が就任決定!

 昨年7月に、このホームページ上で、イラン野球代表監督の募集を行い、色川冬馬さんを派遣しておりましたが、この度、イラン野球連盟代表監督(U-18/15/12)への就任が決まりました。

 色川さんは、10月上旬から11月下旬まで、現地で、国内リーグの視察、ベースボールクリニック、 アマチュアチーム指導、ベースボールトライアウト等の開催などを行ってきました。その結果、色川さんの実力が認められ、最終的に今年、2014年からイラン野球連盟代表監督(U-18/15/12)として、イラン野球界を引っ張っていくこととなりました。

 イラン野球を支援してきた我々ベースボールブリッジとしても、イラン野球代表監督として、日本人が就任したことは非常に希望のあふれることであり、今後、色川さんとイラン野球界の発展のため、そして、野球を志すイランの若者のために、より一層の支援をしていく所存です。

 今後、色川監督を含めたイラン野球界の動向は、このホームページ上で、随時お伝えしていきたいと思いますので、ご期待ください。また、イラン代表監督以外としても活躍する、ベースボールジプシー色川冬馬さんにご注目ください。

【プロフィール】

色川冬馬(いろかわとうま)

1990年1月2日生まれ。宮城県仙台市出身。 
宮 城・聖和学園高校、仙台大学卒業。 2009年に単身渡米して以来、米大リーグ入りを目指し、米国独立リーグやプエルトリコ・メキシコなどプロ・アマ合わせて5カ国で18チームでプレイしたベースボールジプシー。 これまでにも、自らの経験を通して地元仙台で野球関連イベントを催すなど、野球選手としてだけでない姿を覗かせていた。今回は、彼が独自に開発した新たな野球練習プログラムが高く評価され、2014年~イラン野球連盟と正式にイラン代表監督契約を締結。2013年4月~毎週木曜日23:30~FM太白ラジオ(78.9Hz)の「冬馬とベースボール」に出演中。 
http://tomasendai.wix.com/blog

イラン代表監督募集のためのメッセージビデオを作りました

 ベースボールブリッジではこのたび、現在進めている「野球イラン代表監督探しプロジェクト」の一環として、アミール・カーリグ・サケット投手からのメッセージビデオ(日本語及び英語)を制作しました。

[広告] VPS


[広告] VPS


 今回のビデオ制作は、アミール投手自身がこの活動のさらなるPRを目的に要請してきたものです。台本に関しては、ベースボールブリッジにて日本語・ローマ字・英語の3種類で作成し本人に渡しています。どちらも非常に短い動画ではありますが、少しでもこの活動においてポジティブな効果をもたらすことができれば幸いに思います。以下はアミール投手からのメッセージを文字に起こしたものになります。

(1)日本語版
日本の皆さん、初めまして。私はアミール・カーリグ・サケットです。イランの野球選手です。
日本は野球がとても強いですね!!私の国はまだ野球は弱いけど、もっと日本みたいに強くなりたいです。
だから今、日本人の監督を探しています。イランがもっと強くなるために、皆さんの力を貸してください。
新しい歴史を作るために、皆さんの力を貸してください。よろしくお願いします。

(2)英語版
Hello my friends in Japan. My name is Amir Khaligh Saket. I'm a baseball player from Iran.
Japan is well known as a baseball powerhouse in my country too.
Iran isn't strong when it comes to baseball right now, but we want to be bigger like Japan.
Now, we're looking for new Japanese manager. Please give us your help to be stronger in baseball.
Please give us your help to create our new history. Thank you.

既に現在複数の希望者が名乗りを上げてくださっている当プロジェクトですが、ベースボールブリッジではまだまだ候補者を募集しております。このプロジェクトに興味をお持ちの方は、info@baseball-bridge.orgまでお気軽にご連絡ください。「とりあえず話だけ聞いてみたい」というだけでも大歓迎です!!皆さんからのアクセスを心からお待ちしております。

テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

野球イラン代表監督の件続報

 ここ最近、ブログ更新が多忙のために滞ってしまっていました。今回は約1週間ぶりの投稿になります。

 先日このブログでも発進したイラン代表監督の募集についてですが、記事をアップロードした当日から物凄い反響があったようで、メンバー一同喜ぶ半面驚いている次第です。TwitterでのリツイートやFacebookでのシェアなど、非常に多くの方に情報拡散にご協力いただけたことを大変感謝しております。とはいえ、流石にこれほどの広まり方は予想外だったのも事実です。この一件に関しては何としても成果を出さなければならないな、と改めて実感しました。

 さて本件についてですが、皆さんにも拡散に大いにご尽力いただいたおかげで、既に3名の方から「是非やらせてほしい」という声を頂戴しております。まだ正式に人事が決定したわけでは全くないので、このタイミングでお名前を出すことは控えさせていただきますが、いずれも現場での指導や海外でのプロとしてのプレー経験をお持ちの方ばかりで、私たちとしても大変心強く感じている次第です。むしろ、まさかこんなに早く希望者がそれも複数見つかるとは、という気持ちが強いですね。情報を広く拡散していただいたことといい、本当に自分たちは恵まれているなと心から思います。

 しかし、希望者が3名も現れたというのは確かにポジティブな知らせではありますが、最終的に正式に指揮官就任が決まるまでは、吉報をもたらせたとは到底言えません。今はまだ最初の関門を越えたばかりであり、具体的な人選に入るのもこれからの話です。喜ぶべきなのは、監督人事が無事決まり現地で新指揮官が実際に指揮を執るようになってから。しかも、実際のところはそれまでもがまだスタートラインに過ぎないのです。私たちベースボールブリッジにとっては、このプロジェクトのゴールはあくまでも新監督を紹介することですが、イラン球界が目指すべきゴールはそのずっと先の所にあるのですから。

 希望者が現れた今、私たちにとってはここからが本当の勝負です。監督就任希望者とイラン連盟双方のニーズをしっかりと把握したうえで、その間に立って新監督就任のための道筋をしっかりと作ること。三者にとって最高の結果をもたらすことがこれからの私たちのテーマになります。とはいえ、過去10か月にわたって活動してきたとはいえこのようなプロジェクトに挑むのは初めてのことであり、必ずしも楽なものではないと思いますが、自分たちができることをしっかりと確実にやり続け、いずれいい知らせがお届けできるように頑張っていきます。

 ところで本件については、ネット上で「英語が話せる人材が希望なのであれば、何故敢えて日本人を監督に据えようと思ったのか」という声をしばしば目にしました。そこでせっかくですのでこの場を借りて、イラン側に代わって簡単に理由をご説明したいと思います。単刀直入に言うと、それは日本球界こそがイラン球界にとっての目標であり憧れの対象であるからです。

 日本とイランはそれぞれアジア地域における東端と西端に位置するとはいえ、言うまでもなく同じアジアに属する国です。野球をプレーし続けるには決して楽な環境ではない中で、ハードな中でも1つ1つ壁を乗り越えようとしているイランの野球選手たちにとって、MLBに次いで世界で2番目のプロ野球リーグを持つアジア球界の盟主で、WBCでも2度優勝を果たしている日本はまさに目標とすべき憧れの存在なのです。「自分たちと同じアジア人が、自分たちと同じ競技で世界と渡り合っている」ということで、米大陸の国々以上に親近感を抱いているということもあるでしょう。

 もちろん、日本とイランのハーフであるダルビッシュ有投手(レンジャース)の存在も、イラン側にとって日本球界を身近なものとする非常に大きな要因です。現在は日本国籍しか有していないとはいえ、自分たちと同じペルシャの血を引いているダルビッシュ投手の活躍は、決して多くはないイラン人プレーヤーたちにとっては大きなモチベーションであり、心の拠り所でもあるそうです。「いつかはダルビッシュを生んだ日本をも野球で超えたい。だからこそ、そのためにはまず日本人の指導者を呼ぶ」。それが、今回の日本人指揮官の募集に至った理由の1つです。

 無論、現実的にはアメリカ人監督の招聘は昨今の政治状況を考えるとほぼ不可能であり、そのために比較的呼び寄せやすい(ビザの取得が容易であるという点で)日本人に白羽の矢が立てられたということもあるでしょう。ただ、彼らの考えはそうした短期的な視野だけに基づいたものではないようです。これはまだあくまでもオフィシャルではない個人的なプランにすぎませんが、私たちベースボールブリッジ設立のきっかけとなった元イラン代表のアミール・カーリグ・サケット投手は、将来的に母国に野球アカデミーを設立し西アジア球界の育成拠点とするという構想を持っているそうです。そこに呼ぶ指導者はアメリカ人でもキューバ人でもなく、日本人にしたいと常々語っていました。それほど、イラン球界の「日本ブランド」に対する信頼は根強いようです。

 どちらにせよ、ベースボールブリッジができることは彼らのために精一杯できることをやることのみ。協力することになったからには、吉報をもたらせるよう最善を尽くしたいと思います。それが、この指揮官募集の件を広めてくださった全ての皆さんへの恩返しでもあるはずです。まだ始まって1週間のプロジェクトですが、成功というゴールを目指して最後まで走りぬきたいと思います。これからも変わらぬご支援をよろしくお願いいたします。

テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

プロフィール

baseball-bridge

Author:baseball-bridge
野球があまり盛んではない国々(野球マイナー諸国)への野球用具の送付や啓発イベントの開催、その他様々なプロジェクトの実施を通じて野球競技の国際的普及とメジャースポーツ化を目指すNPO法人です。現在新メンバーを鋭意募集中です。参加希望の方はrecruit@baseball-bridge.orgまで!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。