スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東大阪・パキスタンU-16野球友好試合ゲームレポート

遅くなりましたが、6月末に行われたU-16パキスタン代表と東大阪市の中学生による親善試合のゲームレポートをアップします。今回は主催者のラリグラスの会、06ブルズの許可を得まして、選手・関係者からのコメントもいただいています。


東大阪・パキスタンU-16野球友好試合

 6月30日、東大阪市内の花園セントラルスタジアムにて、東大阪市中学生準硬式野球代表とパキスタンのU-16代表との友好試合が行われました。野球をプレーする主な層が社会人ということで、若い選手に経験を積ませるといった目的でパキスタン野球連盟側の意向で実現したというこの試合。球審には特別ゲストとしてスリランカ出身のスジーワ・ウィジャヤナーヤカ審判員を迎え、東大阪代表が守る際は準硬式球、パキスタン代表が守る際は硬式球を使用して試合が行われました。試合内容は以下の通りです。

スタメン
両チームのスターティングオーダー


PAK
000 000 1…1
320 553 x…18
東大阪

PAK) アブドラ、アサドラ、アハマド―ファハード
東大阪) 鬼頭、川畑、竹内、岡野―山口、八木、嶋田


先発のアブドラ1
PAK先発のアブドラ


1回表:東大阪先発は鬼頭。先頭のアブドラが三塁内野安打で出塁。次打者での暴投で2塁へ進むも、後続が倒れ無得点。
1回裏:パキスタン先発はアブドラ。先頭の川西を振り逃げで出塁させると、続く守屋には四球。3番の吉村の打席での2つのバッテリーエラーで川西が生還し、東大阪に先制を許す。さらに吉村の一塁ゴロ間に守屋が生還。そのあとも四球とバッテリーエラーで1点を失い、0-3。

2回表:先頭のヤシンが三振のあと、6番のファハードが四球で出塁するも、アディールとアーマドが三振に倒れ無得点。
2回裏:アブドラはヒットこそ許さないものの、2つの四死球と度重なるバッテリーエラーで2点を献上。0-5。

3回表:川畑に投手交代。1死からアブドラがこの日2本目となるレフト前へのヒットで出塁するも、後続が倒れ無得点。
3回裏:簡単に2死を取ったあと、6番の木之瀬にこの試合初となるヒットを浴びる。続く宮本には四球を与えるも、何とか無失点で切り抜ける。

4回表:4番からの攻撃も三者連続三振に終わる。
4回裏:ショートのモセンの失策から始まり、サードのアサドラ、ファーストのヤシンにも失策が重なるなど守備の乱れから5点を献上する。0-10。

5回表:竹内に投手交代。三者連続三振に終わる。
5回裏:アサドラに投手交代。先頭打者こそ三振に抑えるも、そのあと5人連続で出塁を許し3点を献上。代わったアハマドも失点を重ね、この回5失点。0-15。

6回表:この日2安打のアブドラが一邪飛。後続2人が三振に倒れ無得点。
6回裏:5回途中から登板のアハマドが続投。2本の安打と1つの四球に暴投やボークが絡み3失点。

7回表:岡野に投手交代。先頭のモセンが四球で出塁すると、次打者の打席で盗塁成功。その送球が逸れる間に一気に生還、1-18。後続は倒れゲームセット。

 2004年に来日し、現在は埼玉県の八潮高校でプレーする先発のアブドラが投打で奮闘するも、パキスタンの選手達にとっては改めてレベルの差を実感させられる試合となりました。試合後のコメントは以下の通り。

アブドラ投手「(2安打の活躍に)チームのメンバーはあまり上手くないので、なんとかチャンスを作ろうと思っていた。(投球に関して)フォアボールが多かった。これからも代表に選ばれることがあれば、フォアボールを出さずに良い投球をしたい。チームに良い影響を与えられるようなピッチャーになって、パキスタンに野球をもっと広めていきたい」
アサドラ選手「エラーを1つしてしまったが、これを次につなげていきたい。次は打球をフェアゾーンに打ち返せるように、練習に取り組んでいきたい」

 また南アジア野球連盟のカワール・シャー氏は「勝ち負けは関係なく、選手達には良い勉強になった。世界で一番強い国と試合を行えたことに感謝している」と語ってくれました。今後は指導者の日本からの招へいなどの強化策も考えているということです。南アジア球界をリードする存在として、世界の強豪である日本との関係を構築し、さらなるレベルアップを図る。この試合もその一環として大きな前進につながったのではないでしょうか。

◆パキスタンの野球・・・
 南アジア野球連盟に加盟。IBAF世界ランキング23位。2011年には第1回南アジア野球選手権がラホールにて開催される。軍隊のトレーニングとして野球が用いられるため、子供に比べ社会人のプレーのレベルが高い特徴を持つ。野球に近いスポーツでは、クリケットが盛ん。

試合終了
試合終了、一礼する両チームの選手たち。



追ってパキスタン代表のアサドラ、アブドラ両選手、今回の親善試合の開催に関わったラリグラスの会・小林さんのインタビュー記事もアップする予定です。
スポンサーサイト

野球イラン代表監督の件続報

 ここ最近、ブログ更新が多忙のために滞ってしまっていました。今回は約1週間ぶりの投稿になります。

 先日このブログでも発進したイラン代表監督の募集についてですが、記事をアップロードした当日から物凄い反響があったようで、メンバー一同喜ぶ半面驚いている次第です。TwitterでのリツイートやFacebookでのシェアなど、非常に多くの方に情報拡散にご協力いただけたことを大変感謝しております。とはいえ、流石にこれほどの広まり方は予想外だったのも事実です。この一件に関しては何としても成果を出さなければならないな、と改めて実感しました。

 さて本件についてですが、皆さんにも拡散に大いにご尽力いただいたおかげで、既に3名の方から「是非やらせてほしい」という声を頂戴しております。まだ正式に人事が決定したわけでは全くないので、このタイミングでお名前を出すことは控えさせていただきますが、いずれも現場での指導や海外でのプロとしてのプレー経験をお持ちの方ばかりで、私たちとしても大変心強く感じている次第です。むしろ、まさかこんなに早く希望者がそれも複数見つかるとは、という気持ちが強いですね。情報を広く拡散していただいたことといい、本当に自分たちは恵まれているなと心から思います。

 しかし、希望者が3名も現れたというのは確かにポジティブな知らせではありますが、最終的に正式に指揮官就任が決まるまでは、吉報をもたらせたとは到底言えません。今はまだ最初の関門を越えたばかりであり、具体的な人選に入るのもこれからの話です。喜ぶべきなのは、監督人事が無事決まり現地で新指揮官が実際に指揮を執るようになってから。しかも、実際のところはそれまでもがまだスタートラインに過ぎないのです。私たちベースボールブリッジにとっては、このプロジェクトのゴールはあくまでも新監督を紹介することですが、イラン球界が目指すべきゴールはそのずっと先の所にあるのですから。

 希望者が現れた今、私たちにとってはここからが本当の勝負です。監督就任希望者とイラン連盟双方のニーズをしっかりと把握したうえで、その間に立って新監督就任のための道筋をしっかりと作ること。三者にとって最高の結果をもたらすことがこれからの私たちのテーマになります。とはいえ、過去10か月にわたって活動してきたとはいえこのようなプロジェクトに挑むのは初めてのことであり、必ずしも楽なものではないと思いますが、自分たちができることをしっかりと確実にやり続け、いずれいい知らせがお届けできるように頑張っていきます。

 ところで本件については、ネット上で「英語が話せる人材が希望なのであれば、何故敢えて日本人を監督に据えようと思ったのか」という声をしばしば目にしました。そこでせっかくですのでこの場を借りて、イラン側に代わって簡単に理由をご説明したいと思います。単刀直入に言うと、それは日本球界こそがイラン球界にとっての目標であり憧れの対象であるからです。

 日本とイランはそれぞれアジア地域における東端と西端に位置するとはいえ、言うまでもなく同じアジアに属する国です。野球をプレーし続けるには決して楽な環境ではない中で、ハードな中でも1つ1つ壁を乗り越えようとしているイランの野球選手たちにとって、MLBに次いで世界で2番目のプロ野球リーグを持つアジア球界の盟主で、WBCでも2度優勝を果たしている日本はまさに目標とすべき憧れの存在なのです。「自分たちと同じアジア人が、自分たちと同じ競技で世界と渡り合っている」ということで、米大陸の国々以上に親近感を抱いているということもあるでしょう。

 もちろん、日本とイランのハーフであるダルビッシュ有投手(レンジャース)の存在も、イラン側にとって日本球界を身近なものとする非常に大きな要因です。現在は日本国籍しか有していないとはいえ、自分たちと同じペルシャの血を引いているダルビッシュ投手の活躍は、決して多くはないイラン人プレーヤーたちにとっては大きなモチベーションであり、心の拠り所でもあるそうです。「いつかはダルビッシュを生んだ日本をも野球で超えたい。だからこそ、そのためにはまず日本人の指導者を呼ぶ」。それが、今回の日本人指揮官の募集に至った理由の1つです。

 無論、現実的にはアメリカ人監督の招聘は昨今の政治状況を考えるとほぼ不可能であり、そのために比較的呼び寄せやすい(ビザの取得が容易であるという点で)日本人に白羽の矢が立てられたということもあるでしょう。ただ、彼らの考えはそうした短期的な視野だけに基づいたものではないようです。これはまだあくまでもオフィシャルではない個人的なプランにすぎませんが、私たちベースボールブリッジ設立のきっかけとなった元イラン代表のアミール・カーリグ・サケット投手は、将来的に母国に野球アカデミーを設立し西アジア球界の育成拠点とするという構想を持っているそうです。そこに呼ぶ指導者はアメリカ人でもキューバ人でもなく、日本人にしたいと常々語っていました。それほど、イラン球界の「日本ブランド」に対する信頼は根強いようです。

 どちらにせよ、ベースボールブリッジができることは彼らのために精一杯できることをやることのみ。協力することになったからには、吉報をもたらせるよう最善を尽くしたいと思います。それが、この指揮官募集の件を広めてくださった全ての皆さんへの恩返しでもあるはずです。まだ始まって1週間のプロジェクトですが、成功というゴールを目指して最後まで走りぬきたいと思います。これからも変わらぬご支援をよろしくお願いいたします。

テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

野球イラン代表の新指揮官候補を募集します

 イラン野球連盟では、このたびイラン代表チームの指揮を執る日本人指揮官を新たに募集することになりました。募集要項は下記の通りです。

ポジション:シニア代表(※)監督
国籍:日本人を希望
条件
1.英語で選手たちとコミュニケーションが取れること
2.現地で生活を送れること
3.人材登用にあたって特定チームを贔屓せず、イランリーグ全体を見渡せる広い視野を持っていること

※サッカーでいうところの「A代表」「フル代表」に相当

待遇
・衣食住:イラン野球連盟が負担
・給与:金額未定(プロOBなどトップレベルの指導者なら少しは出せるとのこと)

イラン代表について
・2013年度IBAF世界ランキング:45位タイ(日本は3位)
・最近の実績
アジアカップ(2006):最下位
アジアカップ西アジアブロック(2012):3位

イラン国内における野球事情について
・競技人口は約1000人
・南北計10チームからなるアマチュアリーグ「イラニアンベースボールリーグ(IBL)」が存在する

IBL参加チーム
(1)北地区
・テヘラン・アザラクシュ
・グイラン・ニューサード
・セムナン・シャールダリ
・ゴーム
・コーラサン・フェスティバル・スポーツ
(2)南地区
・ボウシェール・ナデリ
・ケルマン・メス
・ホルモズガン
・エスフェハン・スパダナ
・マルカジ

IBLレギュレーション
・各チームが2試合総当たり(計8試合)のレギュラーシーズンを戦う
・シーズン終了後、南北両地区の上位2チームずつが、1試合総当たりの2次リーグを戦う
・2次リーグの最高成績チームが、リーグチャンピオンとなる

 なお今回の指揮官募集にあたっては、ベースボールブリッジが日本における窓口を務めることになっています。興味がある、もう少し深く話を聞いてみたいという方はinfo@baseball-bridge.orgまでお気軽にご連絡ください。コンタクトお待ちしております。

テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

国際野球支援団体ベースボールブリッジとは?

私たちベースボールブリッジは、2012年9月の結成以降様々な活動に身を投じてきました。しかし、既に私たちの公式ウェブサイトやTwitterアカウントなどを目にしたことがあるという方はともかく、このブログで初めて私たちについて知ったという方は、「ベースボールブリッジとはどんな団体なのか」ということについて、全く見当もつかないかもしれません。そこで今回はこの場を借りて、私たちがどのような活動に取り組んでいる団体であり、一体何を目指しているのかということについて、ご紹介させていただければと思います。

 国際野球支援団体ベースボールブリッジ(英名:International Baseball Supporters Crew "Baseball Bridge")は、2012年9月8日に設立された「スポーツとしてまだあまり盛んでない国や地域(以下野球マイナー諸国)の野球発展を支援し、野球を国際的メジャースポーツの1つとする」ことを目指して活動している任意団体です。現在首都圏に本部、関西に支部を置いている他、国内では北海道、中部、四国の各地方、海外ではイランとアルゼンチンにも会員がいます。当初は5人でスタートしましたが、現在は正会員として17名(2013年7月15日現在)のメンバーが在籍し、13名の外部協力者(監事1名を含む)とともに多様な活動に取り組んでいます。その活動の一部を以下にご紹介します。

(1)日本国内における野球用具の収集と海外への送付
 日本国内において使われていない野球用具を集め、洗浄や修復を施したうえで野球マイナー諸国に送付します。イラン・ラシュト宛に行った第1回目のテスト送付は既に完了済みであり、今月上旬に無事届いたことはこのブログでもお知らせしている通りです。最初の送付はあくまでも試験目的であったため、送付物はグラブとボールのみに留めていますが、今後はバット・スパイク・捕手用防具など幅広く収集・送付を行い、また送付先もイラン以外の国々にも拡大していく予定です。

(2)国際的な野球普及・発展の啓発を目的とするイベントの実施
 日本やアメリカといった野球先進国以外の地域における野球の現状や、その普及・発展について啓発する目的で、様々なイベントを開催します。今年2月17日には、フランス2部リーグのシャトーレ・フレンチカブスで選手兼任監督を務める池永大輔さんをお招きし、その最初の催しとなる「ヨーロッパ野球トークライブ2013」を東京・茅場町にて開催しました。今後も同様のトークラブを実施するほか、2014年初頭には野球写真展への開催協力を予定しています。また将来的な計画として、選手・解説者・ファン・連盟関係者・メーカー・団体職員などあらゆる立場で野球に関わる人々が一堂に会し、野球というスポーツの将来について考える「国際野球シンポジウム」の開催なども検討しています。

(3)国際野球情勢に関する情報発信
公式ウェブサイトやTwitterアカウントを通じて、現在の国際的な野球情勢についての紹介を行っています。現在、ヨーロッパ・オセアニア・南米の各国が登録されています。またそれとは別に、Twitterにおいては毎日昼12時頃に「今日は何の日」と題して、野球の歴史上でその日に過去どんなことがあったのかを紹介するという取り組みも行っています。

(4)独自のクラブチームの設立と運営
 ベースボールブリッジについてのPRや他チームについての情報収集、メンバー間の交流やリフレッシュなどを目的に、軟式の草野球チームを設立しその運営を行います。草野球界ならではのネットワークを通じて、ベースボールブリッジとしての取り組みを国内に広めていくほか、メンバー自身がプレーヤーとしての視点を持つ場を作ることで、自身の国際的な支援活動に「現場の経験値」を反映させていきます。将来的には自ら新たな草野球大会を企画・運営していく他、各国の国家代表やそれに準ずるクラスの選手たちが、日本球界を目指すための受け皿としての硬式部門も設置する予定です。硬式チームに関しては専門の指導者を外部から招く他、日本野球連盟に登録し都市対抗や全日本クラブ選手権などへの出場を目指します。

(5)チーム公式グッズの販売
 チームの活動を継続していくうえでの重要な資金源として、公式グッズの製造と販売を行います。初年度はTシャツの製造と販売を予定していますのでご期待ください(デザインや値段、発売時期などは未定)。グッズのレパートリーに関しては順次追加していく予定です。

(6)国際野球関連商品の輸入代行
 ベースボールブリッジ自身のグッズの販売とは別に、活動資金の獲得と日本国内における国際野球への認知度向上を目的に、海外の野球に関連した商品の輸入代行を実施します。最初に取り扱う商品としては、オランダ1部リーグに所属するL&Dアムステルダム・パイレーツのTシャツ及びポロシャツを予定しています。なお、最初の輸入代行は一般向けの希望者募集は行わず、テストも兼ねて身内のみで実施する予定ですが、継続的に行うかどうかはまだ検討中です。

 以上は現時点ですでに取り組んでいる活動ですが、将来的に新たに取り組む予定であったり着手を検討していたりするプロジェクトについては、下記に列挙する通りです。

・マイナー国出身選手の国際移籍支援
・各国の野球連盟などと組んでの普及プロジェクトの実施
・野球マイナー諸国への野球関連企業(メーカーなど)の誘致
専門のYoutubeチャンネルにおける動画配信


 また、上述の活動をさらに社会的に価値の高いものとしていくために、現在NPO法人格の取得を予定しています。取得申請に関しては近日中に行う予定です。

テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

イランへの第1回野球用具送付が完了

 私たちベースボールブリッジでは、活動の柱の1つとなるプロジェクトとして「海外のあまり野球が盛んではない国(以下野球マイナー諸国)の選手たちへの野球用具の送付」に取り組んでいます。その最初の取り組みとして、去る5月7日にイラン・ラシュトへと送付した野球用具のパックが、日本時間の一昨日の夜現地に到着しました。

 今回日本から送付したのは、左投げ用のグラブ2つとボール30球余り(硬式・軟式の両方を含む)。第1回目は「日本から送付した荷物が現地にきちんと着くかどうか」をテストする目的で実施したため、送付物自体は質・量ともにやや抑えめにしています。送付にかかる経費を考慮して船便を用いることとなったため、約2か月という長い時間を要することにはなりましたが、チームとして最も確認したかった事項がクリアになったことは、1つの大きな成果となったということができるでしょう。

 イランは昨今の経済制裁などもあって、非常に政治的には難しい状況にある国ですが、ベースボールブリッジにとっては自身の旗揚げのきっかけにもなった、切っても切れない非常に重要な存在です。時をさかのぼり2011年4月、日本球界への移籍を目指していたイラン代表投手、アミール・カーリグ・サケットの移籍を現代表の田中が支援したことが、後にベースボールブリッジが始動することになったきっかけとなりました。1年4か月もの格闘の末に失敗に終わったその移籍支援プロジェクトの中で、浮き彫りになっていたのが用具不足などをはじめとするイラン球界の劣悪な環境です。それを少しでも日本人の力で改善していこうというのが私たちの出発点であるだけに、最初の送付先としてイランが選ばれたのは当然の成り行きでした。

 私たちが送付した用具の受け取り手となったアミール投手は、日本からの贈り物に非常に感動していました。また意外だったのは、現地への到着を伝える彼のFacebookページへの投稿に、非常に多くのイラン人が即座に反応していたこと。イランの野球関係者たちの私たちに対する期待度の高さを実感するとともに、「彼らの思いを裏切ってはならない、今後はさらに実効性の高い活動として続けていかなければ」という思いを新たにすることになりました。

 用具を実際に現地に送ったという実績と、それを実現するための方法論とを手に入れた今、私たちはこれを1つの足掛かりとしてさらに意欲的に活動に取り組んでいくつもりです。今年度は最低でもあと2回、イランをはじめとする野球マイナー諸国への送付を実施することを計画中。身内で集めた用具のみで済ませた今回とは違い、「第2陣」以降は一般の野球ファンからも幅広く用具を募ることを予定しています。方向性が固まり次第、このブログにおいても告知することになるかと思われますので、その際は是非読者の皆さんにもご理解とご協力を賜りたいと考えています。何卒よろしくお願いいたします。

テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

国内における中古の野球用具の収集

国内における中古の野球用具の収集に関する記事です。
国内で野球用具収集の様子を逐次報告します。

公式ブログ開設

国際野球支援団体ベースボールブリッジの公式ブログです。2012年9月に結成され、公式ウェブサイトおよびFacebook、Twitterの両方に公式アカウントを設置しましたが、なぜかブログは全く設置していませんでした。やはり公式ブログが必要となり、このたび公式ブログを設置する運びとなりました。

よろしくお願いします。
プロフィール

baseball-bridge

Author:baseball-bridge
野球があまり盛んではない国々(野球マイナー諸国)への野球用具の送付や啓発イベントの開催、その他様々なプロジェクトの実施を通じて野球競技の国際的普及とメジャースポーツ化を目指すNPO法人です。現在新メンバーを鋭意募集中です。参加希望の方はrecruit@baseball-bridge.orgまで!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。