スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第2回トークライブ開催のお知らせ

国際野球支援団体ベースボールブリッジでは、今年も昨年に引き続き下記の通り都内でトークライブを開催することになりました。

【タイトル】Baseball Bridge presents スペシャルトークライブ 池永大輔×田中亮多 2014
【日 時】2月1日(土) 17時30分開場 18時開演
【場 所】東京都墨田区立川3-7-11 都営新宿線「菊川駅」徒歩6分
【出 演】池永大輔、田中亮多
【料 金】2000円

今回のトークライブには、昨年の第1回に引き続き、フランス2部のシャトーレ・フレンチカブスで選手兼任監督を務める、池永大輔さんをお迎えします。

テーマは「オリンピックと野球」
昨年、2020年の東京五輪開催が決定し、日本中が歓喜に沸いた一方で、残念ながら「野球・ソフトボール」は実施競技入りを逃してしまいました。
今後、野球がオリンピックとどのように向き合っていくべきか、選手の立場と支援者の立場、双方から議論します。

当日はスタッフが会場へと誘導いたします。
また、イベント終了後は、別会場にて出演者と参加者による懇親会の開催を予定しております。当日の飛び入りも歓迎いたしますが、事前にご連絡いただければ幸いです。お仲間とお誘いあわせのうえ、会場に是非遊びに来て下さい!沢山の方々のご参加を、心からお待ちしております。

【お問い合わせ先】info@baseball-bridge.org

--出演者略歴--

○池永大輔
1980年7月17日生まれ、東京都出身(33歳)
埼玉県立草加東高~中央学院大
ジャパン・サムライ・ベアーズ(米、2005)
マインツ・アスレチックス(独、2006・2010)
ロングビーチ・アーマダ(米、2007)
新潟アルビレックスBC(日、2008)
サーファーズ・パラダイスBC(豪、2008-09)
サヴィニー・ライオンズ(仏、2011-12)
シャルトル・フレンチカブス(仏、2013-)
2012年ヨーロッパ選手権フランス代表コーチ

○田中亮多
1988年1月10日生まれ、千葉県出身(26歳)
千葉県立小金高~早稲田大スポーツ科学部
小学校3年まで、イギリス・クロイドンで過ごす。
中学時代は内野手・外野手としてプレー。
2009年WBCにおけるオランダの戦いに衝撃を受け、ヨーロッパ野球の世界に没頭する。
ブログ「欧州野球狂の詩」「欧州野球狂の詩(Ver.スポーツナビ)」管理人
国際野球支援団体ベースボールブリッジ代表

【Twitter】@baseball_bridge
【公式HP】http://www.baseball-bridge.org/
【公式ブログ】http://baseballbridge.blog.fc2.com/
スポンサーサイト

テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

欧州野球ツアーズ~スペイン編~

 近年のMLBにおいては、もはや英語と並ぶ事実上の第2公用語と言っても過言ではない地位を占めるまでになったスペイン語。ファンと選手どちらも、話者が非常に多くなっているのがその理由ですが、彼らの出身地である中南米諸国にとっての旧宗主国で、彼ら自身の言語を生み出し広めた国であるスペインにも、立派に野球文化は存在します。
 第2回で紹介したイタリア同様、スペインも代表に海外出身者を非常に多く取り入れているのが特徴ですが、彼らの場合は移民とも共通の母語で会話できるのが強み。米大陸におけるスペイン語圏は、アメリカ・カナダ(英語、カナダはフランス語も)・ブラジル(ポルトガル語)などの例外を除くほぼ全ての国を網羅しており、その中にはキューバ・ドミニカ・ベネズエラといった強豪国も当然含まれています。
 こうした国々の出身者は元々プレーのレベルが高いうえ、ネイティブのスペイン人から見れば多少の方言や訛りの違いはあっても、基本的には自分たちと同じ言葉を話す相手なので、意思疎通の上でもそこまで苦労がありません。キューバ系やドミニカ系の帰化スペイン人選手が代表ロースターに数多いことには、こうした背景があるのです。
 スペイン代表の戦法は、欧州では珍しいスモールボール。攻撃では盗塁やバントで積極的に走者を進めてコツコツと点を奪い、守備では堅牢かつスピード感あふれるセンターラインを軸に失点を防ぎます。スペイン系の選手はドイツなどと違い体格で劣るため、まともに殴りあっても勝ち目がありません。そうしたことから試行錯誤の末、イタリア人指揮官のマルコ・マジェッリ監督のもとで、一発長打には依存しない戦い方を志向するようになりました。一昨年のヨーロッパ選手権では総合3位、世界野球・ソフトボール連盟(WBSC)のランキングでも欧州3番手を維持しており、その方向性は正しいと言えます。
 その代表チームを支える国内リーグ「ディビシオン・デ・オナー」は、世界で最もシーズン開幕が早いサマーリーグであり、古の大陸に球春到来を告げる存在です。2013年は諸事情により1球団減となったものの、本来は10球団1リーグ制で4試合総当たり。36試合を戦った後、勝率1位と2位のチームがスペインシリーズで覇を競います。2011年まではかの有名なFCバルセロナの野球部も参戦していましたが、2012年からは「ベースボール・バルセロナ」として独立。現在もリーグ有数の強豪として上位に君臨しています。
 2013年WBCでは、第1回から参加しているオランダとイタリアを除く欧州勢で、唯一の予選突破を果たしたスペイン。本大会では残念ながら白星を挙げることはできませんでしたが、格上の国々相手に善戦し爪痕は確かに残しました。2017年大会で、彼らがどこまで大きくなって帰ってくるのか、その先行きが非常に楽しみです。

テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

イラン野球ユース代表監督に日本人指導者が就任決定!

 昨年7月に、このホームページ上で、イラン野球代表監督の募集を行い、色川冬馬さんを派遣しておりましたが、この度、イラン野球連盟代表監督(U-18/15/12)への就任が決まりました。

 色川さんは、10月上旬から11月下旬まで、現地で、国内リーグの視察、ベースボールクリニック、 アマチュアチーム指導、ベースボールトライアウト等の開催などを行ってきました。その結果、色川さんの実力が認められ、最終的に今年、2014年からイラン野球連盟代表監督(U-18/15/12)として、イラン野球界を引っ張っていくこととなりました。

 イラン野球を支援してきた我々ベースボールブリッジとしても、イラン野球代表監督として、日本人が就任したことは非常に希望のあふれることであり、今後、色川さんとイラン野球界の発展のため、そして、野球を志すイランの若者のために、より一層の支援をしていく所存です。

 今後、色川監督を含めたイラン野球界の動向は、このホームページ上で、随時お伝えしていきたいと思いますので、ご期待ください。また、イラン代表監督以外としても活躍する、ベースボールジプシー色川冬馬さんにご注目ください。

【プロフィール】

色川冬馬(いろかわとうま)

1990年1月2日生まれ。宮城県仙台市出身。 
宮 城・聖和学園高校、仙台大学卒業。 2009年に単身渡米して以来、米大リーグ入りを目指し、米国独立リーグやプエルトリコ・メキシコなどプロ・アマ合わせて5カ国で18チームでプレイしたベースボールジプシー。 これまでにも、自らの経験を通して地元仙台で野球関連イベントを催すなど、野球選手としてだけでない姿を覗かせていた。今回は、彼が独自に開発した新たな野球練習プログラムが高く評価され、2014年~イラン野球連盟と正式にイラン代表監督契約を締結。2013年4月~毎週木曜日23:30~FM太白ラジオ(78.9Hz)の「冬馬とベースボール」に出演中。 
http://tomasendai.wix.com/blog

イラン訪問してきました。

  イラン担当の配川です。年末年始でイランに行ってきました。国内リーグのシーズンではないので、イラン野球連盟との打ち合わせと、子どもたちへの指導現場の見学、野球道具の寄付がおもなテーマでした。

 報告は、改めて小出しにこのブログで行っていきたいと思っていますので、お楽しみにしていて下さい。
まずは、ご連絡まで・・・。

テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

欧州野球ツアーズ~ドイツ編~

 勤勉かつ合理的で真面目。愛想はよくないが仕事の腕は超一流で、細かい部分まで徹底的にきっちりこなす。見た目の派手さや華やかさとは無縁でも、中身には全幅の信頼がおける実直なタイプ。「ドイツ人」というキーワードから連想されるこうしたイメージ、納得される方は多いんじゃないでしょうか。プレーに如実に国民性が出るとされるスポーツの世界でも、ドイツ代表は大抵「地味だが決めるべきところは決める玄人好みのチーム」と認識されることが多いように思います。それだけに野球ドイツ代表のプレースタイルには、そのイメージとのあまりのかい離っぷりに驚かれる方もきっと多いはずです。
 ドイツ野球の基本的なベースは意外にもアメリカ流。打線には当たればデカい扇風機をずらりと並べ、一発長打で流れをひっくり返すという豪快さを特徴としています。もちろん、それが可能なのは欧州人の中でも抜きんでているフィジカルの強さがあるから。似たようなタイプが多いだけに小細工は効きづらい半面、下位打線でもツボに入れば一発を打てる力は持っているため、相手投手にとっては厄介。海外領土出身者や移民の登用も多い他国と違い、ネイティブ中心で勝負できるのもドイツの特徴と言えます。
 ただ、2012年秋のWBC予選でトップレベルとの対戦を経験して以降は、代表資格を持つドイツ系外国人を招集したり、攻撃で小技や機動力を絡めたスモールボール的側面を見せたりと、そうした従来からの特徴には変化が生まれ始めているのも事実。今後は其々のいい部分を組み合わせた、ハイブリッド型を志向していくようになるかもしれません。
 2011年のW杯(パナマ)に欧州勢の一角として参戦するなど、ここ最近成長著しいドイツ球界ですが、その躍進は欧州でも最大規模の国内リーグ「野球ブンデスリーガ」に支えられています。1部リーグに加盟する球団の数はNPBよりも多い16。加盟球団には財政や球場設備等についての厳しい基準があり、クリアできなければ容赦なく下部リーグに叩き落されるタフな環境です。そこに、2014年からは久々の日本人となる広高竜世投手(ケルン・カージナルス、沖学園高出身)が参戦予定。その奮闘ぶりに注目したいところです。
 世界屈指の大国でありスポーツにも熱心なドイツだけに、野球をプレーする環境のスケール感にもマイナー競技らしからぬ点が沢山あります。全国におよそ300はある球団数、欧州で最大の3万人を数える協会の登録選手数。レーゲンスブルグにある「アーミンウルフ・ベースボールアリーナ」をはじめ、マイナーリーグと見まがうほどの素晴らしいボールパークも数えきれぬほどです。2013年にはついに初の大リーガーであるドナルド・ルッツ(レッズ)も誕生し、今後の更なるスタープレーヤーの誕生も大いに期待されます。オランダとイタリアの両横綱を彼らが追い抜くのは、果たしていつになるのでしょうか。

テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

プロフィール

baseball-bridge

Author:baseball-bridge
野球があまり盛んではない国々(野球マイナー諸国)への野球用具の送付や啓発イベントの開催、その他様々なプロジェクトの実施を通じて野球競技の国際的普及とメジャースポーツ化を目指すNPO法人です。現在新メンバーを鋭意募集中です。参加希望の方はrecruit@baseball-bridge.orgまで!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。