スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツへのユニフォーム送付手続きを完了しました

 NPO法人国際野球支援団体ベースボールブリッジでは、この度山口防府ベースボールクラブ様よりご提供いただいたユニフォームを、ドイツ・レーゲンスブルグに送付する為の手続きを完了しました。

 今回のユニフォームの送付は、レーゲンスブルグ・レギオネーレのイバン・ロドリゲス監督の呼びかけに呼応したもの。4月に当初予定していたルーマニア・ボトサニへの送付を、禁制品(中古衣料)の規定に抵触することから断念した事案の代替案として実施しました。提供したのは上着を中心に約30着で、船便を利用する関係から現地には8月半ば~下旬頃に到着する見込みとなっています。本年度における「海外への用具提供事業」実施はこれが初めてとなります。

 昨年度は山口防府ベースボールクラブ様をはじめ、外部より複数件の用具類のご寄付を頂きましたが、送付先や手段などについての議論はしたものの、様々な事情により実際に送付を手掛けるまでには至りませんでした。そうした事情もあって、この度手続きを無事完了することができたのは1つ壁を乗り越えたという意味で有意義なことだと考えています。まだ他にも会員が自宅で抱えている分の用具がありますので、これに関しても早急に海外に送ることができるよう手配したいと思います。

 なお、本プロジェクトにおけるレーゲンスブルグはあくまでも経由地であり、ユニフォームが最終的に使われるのは実はドイツ国内においてではありません。これに関しては、年末にも改めて関係各所からアナウンスが正式になされる予定ですので、それまでお待ちいただければと思います(なお、団体としては当然計画の全貌や行先については把握していますが、ロドリゲス監督からの要請により現段階で公表することは差し控えさせていただきます)。

 レギオネーレは過去に5度(2010年シーズンからは4連覇)のドイツ王者に輝き、今季もブンデスリーガ南地区で目下首位を快走している欧州屈指の強豪チーム。団体として支援する方針を決めているユーロリーグベースボール(ELB)の加盟チームとなっている他、今年3月に開催された日欧野球(ひかり4K Global Baseball Match 2015)開催の折には、団体として実施した観戦イベントの景品としてサイン入りのユニフォームやリーグ公式球を提供していただいた間柄でもあります。そんな彼らとこのたび協働できることは、弊団体にとってはとても大きな誇りです。今回送付した荷物が、彼らによって国際的な野球競技の発展の為に有効に利用されること、またレーゲンスブルグ・レギオネーレ球団とベースボールブリッジの友情に基づくパートナーシップが、今後さらに強力なものとして末永く続いていくことを心から祈っています。
スポンサーサイト

テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

2015年度定期総会を実施しました

 NPO法人国際野球支援団体ベースボールブリッジでは、去る今月13日に東京・秋葉原のちよだパークサイドプラザにて、2015年度定期総会を開催しました。本総会において審議された議題は下記の通りです。

1. 2014年度活動報告に関する件
2. 2014年度決算報告に関する件
3. 2015年度役員人事に関する件
4. 2015年度活動計画に関する件
5. 2015年度予算計画に関する件

 1の活動報告では、前年度に行った一連の活動やその反省点(ポジティブな点・ネガティブな点とも)について、参加者全員で振り返りを行いました。その様々な活動に従事するにあたって発生した金銭の出入りについて、2の決算報告にて概要の説明が行われ、いくつか質問や確認などがあったものの最終的に満場一致で承認されました。3の役員人事に関しては、前年度から会員の入れ替わりが発生したことから理事の一部を改めて選任することとなり、新たに2名を立候補により選出しました。今年度の役員(執行部)の面々は下記の通りとなります(☆印は新任の役員)。

代表:田中亮多
副代表:安藤雅朗
副代表:板垣真治郎
理事:村岡ひかり
理事:松尾穂奈美☆
理事:山中譲司☆
監事:峯岸雄太

 なお、役員の選任と併せて団体内での役割分担や担当の割り振りについても議論が行われ、今月末までを目途に新任の松尾理事を中心として、団体全体の組織としての機能をより強化するための改組作業が行われることとなりました。松尾理事については就任以前からMTG担当として事務局的な立場を担っており、今後も組織の屋台骨として大きな役割を果たすことが期待されるところです。

 4の活動計画及び5の予算計画については、5月に立ち上げが発表されたユーロリーグベースボール(ELB)に対する支援や、日本国内での用具収集と海外への送付、オフに予定している海外代表選手に対する移籍支援活動などに取り組むこととして発表がされ、いくつかの修正を経て最終的に計画が承認されました。今年度は「ボランティアからビジネスへ」「コネクションの深化と多方面との協働の実現」「組織全体の成長と運営の効率化・円滑化」をテーマとして、従来のようなボランティアベースでの慈善事業一辺倒の活動から、国内外の企業社会を巻き込みビジネス色を強めた活動方針にシフトしていくとともに、そうした事業展開に耐えられるような組織作りに取り組んでいきたいと考えている次第です。

 3月の日欧野球における戦いぶりを見ても分かるように、2015年現在の欧州球界は特にトップレベルの国々に関しては、「草の根での普及」というレベルを既に通り越し、「現在セミプロとして存在しているスキームを如何にプロの次元へと引き上げていくか」がむしろより重大なテーマとなっています。まさにこれからサポートしようとしているELB構想も、球界全体がそうした状況であるからこそ台頭してきたものであると私たちは考えている次第です。

 そのような現状において団体として関与を強めていくうえでは、従来行ってきたボランティアベースでの活動は必ずしも関係者にとって効果的なものになるとは限りません。今やNPOといえども、安定的な事業収入の獲得なしには生き残れない時代です。あくまでも非営利団体として、「野球というスポーツの国際化に貢献する」というミッション達成を第一義とすることには変わりはありませんが、これからは如何に自らのプロジェクトを「ボランティア」から「仕事」にしていくことができるか、平たく言えば「如何にそれぞれの事業を通じて稼げるか」を念頭に置きながら、日欧両球界はもちろん日本の企業社会と欧州球界をも繋ぐハブとなるべく、活動にまい進していきたいと考えています。

 今年は国内のみでの動きに留まっていたこれまでとは異なり、実際に会員が渡欧する機会が生まれることも想定されます。より活動の規模が大きくなる中でこれまではなかった「未知の領域」が増えていくことは、やや不安に感じる部分もある一方で大きな楽しみでもあります。今年1年間、自らも新しいフェーズへと踏み出していく中でどれだけのことができるか、期待を膨らませながら会員一同前進し続けていきたいと思います。今後とも、ベースボールブリッジに対する変わらぬご支援のほど、何卒よろしくお願いいたします。
プロフィール

baseball-bridge

Author:baseball-bridge
野球があまり盛んではない国々(野球マイナー諸国)への野球用具の送付や啓発イベントの開催、その他様々なプロジェクトの実施を通じて野球競技の国際的普及とメジャースポーツ化を目指すNPO法人です。現在新メンバーを鋭意募集中です。参加希望の方はrecruit@baseball-bridge.orgまで!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。