スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

欧州野球ツアーズ~イタリア編~

 一般的なスポーツの国際大会とは違い、選手の国籍はもちろん血統や出身地も代表チームを構成するうえでの重要なファクターとなる野球。それを最大限生かしているチームの1つがイタリアであると言えるでしょう。イタリア、アメリカ、カナダ、ベネズエラ、キューバ、ブラジル、アルゼンチン…。出身国は違っても同じ民族の血を引いている、世界中の選手たちによって結成されるアッズーリ(イタリア代表の愛称。イタリア語で「青」の意)は、国家代表であると同時に多国籍軍でもあるのです。

 イタリア代表のバックグラウンドがこれだけ多様性に富んでいることには、「祖父母の代までにイタリア人がいれば、その人物にはイタリア国籍を与えることができる」という国籍法の規定も大きく関わっています。これによって誕生した在外イタリア人は「オリウンド」と呼ばれ、イタリア国内における野球発展においても非常に大きな力を発揮してきました。それは国際大会の舞台でも同じ。今春のWBCでは、大会史上初めてチームとして2次ラウンドに進出。メキシコやカナダといった格上を破り、優勝したドミニカ共和国相手にも1点差で惜敗という互角の勝負を演じています。

 今日、オランダとともに欧州球界の双璧をなすイタリアは、長らく「代表のオランダ」に対し「クラブのイタリア」と呼ばれてきました。その背景にあるのが、欧州最高峰のプロリーグ「イタリアンベースボールリーグ(IBL)」の存在です。MLBの経済支援にも支えられて誕生したこのリーグには、2013年シーズンはサンマリノからの越境参戦も含め10球団が参加。周辺各国のトップ選手はもちろん、元大リーガーやNPB経験者なども多数顔を揃えています。最近では、2012年に元西武のG.G.佐藤外野手(千葉ロッテ)が、UGFフォルティチュード・ボローニャ1953に入団したのは記憶に新しいところです。

 そのクラブチームの隆盛は、国際大会の舞台においても実を結んできました。サッカーで言うところの欧州CLにあたる、ヨーロッパNo.1クラブを決める大会である「ヨーロッパカップ」では、ここ数年決勝でのIBL勢対決が目立ちます。一方、代表チームの大陸王者決定戦である「ヨーロッパ選手権」でも、過去2大会はイタリアが連覇中。前回大会はライバル・オランダを見事アウェーで下しており、来年のチェコ大会では3連覇を賭けて王座防衛に挑みます。今や欧州という枠組みの中では、イタリアは長年のライバルをも上回る立ち位置にいるのです。

 G.G.佐藤外野手やアレックス・マエストリ投手(オリックス)の存在により、日本のファンにも知られるところとなったイタリア野球。世界野球ソフトボール連盟(WBSC)の初代共同会長リカルド・フラッカリ氏を輩出するなど、国際球界における存在感は日に日に増すばかりです。オランダに続いて、彼らが欧州の枠を超えて世界で活躍する日が来るのは、おそらくそう遠くはないかもしれません。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

baseball-bridge

Author:baseball-bridge
野球があまり盛んではない国々(野球マイナー諸国)への野球用具の送付や啓発イベントの開催、その他様々なプロジェクトの実施を通じて野球競技の国際的普及とメジャースポーツ化を目指すNPO法人です。現在新メンバーを鋭意募集中です。参加希望の方はrecruit@baseball-bridge.orgまで!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。