スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの歴史的イベントが原宿に帰ってくる!!

 今年1月25日、東京・原宿のデザインフェスタギャラリーにて開催された、若杉雅也くん主催の「世界の野球写真展」。関東中の国際野球ファンを引き付け、各種メディアにも少なからず取り上げられるなど話題を集めたこのイベントが明後日、更なるパワーアップを遂げて再び原宿の地にやってきます。

タイトル:世界の野球展 in Tokyo 3/15 Baseball with world
日時:2014年3月15日 11時30分~19時
入場料:無料

会場
メイン:レンタルスペースさくら(東京都渋谷区千駄ヶ谷3-54-8)
サブ:デザインフェスタギャラリー(東京都渋谷区神宮前3-20-2)

 今回のイベントは、若杉くんの「世界の野球写真展」の他、「東京野球ブックフェア」「Art×Baseball展」というそれぞれ影響力を持つ催しが手を組んだコラボイベント。メイン会場のレンタルスペースさくらでは、1階で世界の野球写真展、2階で東京野球ブックフェア、地下1階でArt×Baseball展がそれぞれ開催される予定となっています。野球にまつわる人々や景色を撮影した写真の展示、野球関連書籍の販売、そして野球に関連した様々なアートの展覧会と、どれも非常に魅力的なイベントばかりです。

 一方、1月の写真展の開催地で今回はサブ会場を務めることになるデザインフェスタギャラリーでは、写真展の拡大版として302号室から304号室までを使っての写真の展示が行われます。前回と同様、イベントの趣旨に賛同した国際野球ファンたちが今回も各々写真を持ち寄り、一般観覧の人々に対してそれぞれの野球を紹介する催しも実施される予定。今回取り上げられる国の数は、実に30か国にも上ります。

 この一大イベントには、我々ベースボールブリッジも写真の展示で参加させていただくことになっています。当日はイラン野球にまつわる写真を公開するほか、クルーのメンバーも会場に実際に足を運び、皆さんとの交流を深める予定です(ちなみに、Art×Baseball展の主催者である工藤菜央さんは、ベースボールブリッジのロゴを製作してくれた人物でもあります。世界は狭い!!)。かく言う俺(代表・田中)も、今回は当然参加するつもりです。不運なことに夜勤明けでの参加になってしまいますが、この手の強行軍には慣れているのでぶっちぎります!!

 今回の写真展は、週刊ベースボールやベースボールマガジンにも広告が掲載されているほか、ブログ「野球の記録で話したい」「クラシックスタッツ鑑賞」でおなじみのライター・広尾晃さんや、甲子園大会期間中の全試合をラガーシャツ姿で観戦することで有名な名物ファン、ラガーさんこと善養寺隆一さんなど、日本の野球ファンの中では名の知れた人々が既に参加の意向を表明。文字通り野球ファンが自分たちの手で作り上げる、歴史的一大イベントと呼ぶにふさわしい催しです。そのような場に、自分たちベースボールブリッジのメンバーも携わることができるのは、本当にありがたいですし光栄なことだと思っています。

 1月のイベントも、野球を愛する人々に対して非常に多くのメッセージを発信した素晴らしいものでしたが、今回はそれをもさらに上回る、人々の記憶に一生刻まれるような場となることを心から願っています。だからこそ参加者の端くれとして、多くの人々にこのイベントに足を運んでもらいたいです。取り上げるのが前々日と非常に急にはなってしまいましたが、1人でも多くの読者の方にこのイベントの参加者になっていただければ嬉しく思います。3月15日は皆で原宿に行こう!!

世界の野球写真展公式Facebookページ
https://www.facebook.com/events/572774149485532/?ref_dashboard_filter=upcoming
スポンサーサイト

テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

baseball-bridge

Author:baseball-bridge
野球があまり盛んではない国々(野球マイナー諸国)への野球用具の送付や啓発イベントの開催、その他様々なプロジェクトの実施を通じて野球競技の国際的普及とメジャースポーツ化を目指すNPO法人です。現在新メンバーを鋭意募集中です。参加希望の方はrecruit@baseball-bridge.orgまで!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。